2016-11-14 (7)
おこんばんは、しらたまりこです

年末も近づいてきてそこかしこで工事をみかけるようになってきましたね~
うち的には年(度)末恒例穴掘り大会などと呼んだりしておりますw

ホントかどうかはしりませんが、予算使い切る目的で
何の意味もない工事を行うことがある・・なんて話を聞いたことはあるんですがホントかな?w
誰か尋ねてくると怖そうなのでこの話はこの辺でw

さて、道路工事なんかですと付き物は再舗装
現在のアスファルトは結構色々種類あるようで
滑りにくかったり水はけいいのがあったりするそうで
こういうところでも進化ってもんを感じますね~

で、しらたまこの幼少時、記憶違いもあるかもしれないんですが
舗装したてのアスファルトって特に夏場はすっげぇベタベタしてた記憶があります
コールタールなんかを結構使ってたようでしたから(今でも使ってんのかな?)
靴底が真っ黒になって黒い足跡ついたような覚えがあります

あと、アスファルト本体だったかどうかは記憶に薄いのですが
妙にむにむにした柔らかい感触の部分もあったような気がします
さすがに車通る路面でこうなったら大変そうですし
当時からロードローラーは使ってたでしょうから簡易舗装みたいのだったのかな?

まぁ何にせよ舗装したての路面を見ると嬉しくなって
にっちゃにっちゃした感触を楽しんでいるようなお子様でしたww

あ、最近はそういうとこを歩く機会が全然なくなってるから・・なのかな?
今度見かけたら試してみたいと思いますw夏場にでもw