002_c54b5a47e84c7bc570545797a1408a72
おこんばんは、しらたまこです

先日アストルティアを舞台にした中島諭宇樹先生のコミックス
蒼天のソウラ第8巻が発売されました
本作品はドラクエ10で使えるアイテムコードが非常に魅力的で
それ目当てで買う人も多いのですが、読み物としても非常に面白いです

現在は画像のコラボイベントも開催されていて
イベントクリアすると本作にまつわるアイテムが入手できますので
是非チャレンジしてみてください

漫画、蒼天のソウラについてもちょっとご紹介
舞台はDQXプレイヤーなら当然ご存知のアストルティア
主人公は5種族のうちのひとつ、ウェディ族の少年ソウラを主人公に
ドワーフで盗賊(というよりは学者っぽい)のギブ
プクリポの旅芸人うりぽ、そして卵から生まれた竜族のアズリア
それを取り巻く魅力的な他のパーティが繰り広げるドタバタ冒険活劇です
作中には実際DQXに登場するNPCも数多く参加しており
DQXプレイヤーであれば「お~」となるようなシーンも多々あり
ゲームを知っていればより楽しく
知らなくてもDQXに興味がわいてくるんじゃないでしょうか?

個人的には2巻で登場したグレンの王様、バグド王が結構お気に入りです
ゲーム中だとパンツ一丁にマントで魔瘴に侵され
あわやガートラント国との大戦争を一組の冒険者によって正気を取り戻した国王ですが
本作ではその正気を取り戻した後からの登場で、非常にカッコよかったです
(作中では冒険者ユルールとその一行によって正気を取り戻したということになってます) 

8巻ではヴェリナードを舞台としたところから冒険が始まります
(ちょっとさっき買ってきたばかりなのでまだ読んでないんですよ(汗))

繰り返しになってしまいますが、兎角アイテムコードに目が行きがちの本作ですが
読み物としても非常に面白いと思いますので、興味わいた方は
是非ご一読ください♪