2016-10-23 (4)
おこんばんは、シラタマコです

べーしっ君とは現在でも発売されているゲーム情報誌「ファミ通」にて
以前連載されていた4コマ漫画です。作者は荒井清和氏でした
1986年に「ファミコン通信」として創刊された本誌において
その創刊号の表紙を飾っていたのもべーしっ君だったと思います

主人公である目森べーしっ(めもりべーしっ)と
巨人の星の星一徹風の親父、同星明子風の姉ちゃん
周囲の変な名前の登場人物(近藤マシン語臣(こんどうましんごおみ)等)などと繰り広げる
ギャグ4コマ漫画でした。

べーしっ君は耳がレレレのおじさん風の丸フラスコを横に置いたような形状で
肩までかかる位のセミロングの髪の毛(端部は外側に跳ねているので肩にはかかってない)
首からいつもジョイスティックをぶら下げている(昔のアタリタイプの奴)といういで立ちでした

巨人の星がモチーフになる部分も多かったため、主人公のべーしっ君も熱血漢で
なんかいつも「うぉぉぉぉ~~っ!」って吠えていたような気がしますw

漫画は連載誌がファミ通だったこともあり、ゲームを題材にしたものが多く
最後の4コマ目にはなんだかよくわからないべーしっ君の叫び声でオチをつけていました
代表的なものとしては

・すぽーん!
・うすらのばぼーん!
・すてらのなばびこーん!
・ぱぴこーん!
・どしぇすぽーん!

などがありましたw 
うん、よくわかんないですねw 

他にもセリフ回しに特徴があり、例えば「何かしらこの人・・イッツ・ソー・デンジャラス」等
ドラクエ10のヒストリカ博士にもちょっと通じるような直訳英語を使ったセリフも多かったです
確か単行本も発行されていたと思うので、興味ある方はぜひw