2016-10-15 (1)
おこんばんは、シラタマコです

80年代、日本でも洋楽ブームが巻き起こりました
故マイケル・ジャクソンを始め海外のアーティストが一気に注目され
日本国内においてもローカル系ではあったものの洋楽番組も結構放送され
当時のPVをご覧になった方も数多くいるのではないでしょうか?

しらたまこも妹が洋楽に超かぶれてた時期があり
デュラン・デュランローリング・ストーンズなどをいつも聴いていたので
その影響でうちもなんだかんだ聴く機会が多かったものですw

さて、タイトルの「カーマカマカマカマ・・・♪」のフレーズですが
これはイギリスのロックバンド、カルチャー・クラブの歌う
カーマ・カメレオン(邦題:カーマは気まぐれ)のサビ部分となります

カルチャー・クラブは先にも書きましたがイギリスのロックバンドで
やはり特に目立つのがボーカルのボーイ・ジョージ
男性ではありますが女性的なメイクを施し、中性的なそのいで立ちが注目され
たちまち人気グループとなっていきました

漫画、北斗の拳に出てきたユダはこのボーイ・ジョージがモチーフに
なっているのではないかと言われており、実際登場時は
殆どそのものといっていいくらいの酷似っぷりでしたw

原哲夫さんも洋楽好きなのでしょうか?北斗の拳の後に連載された
サイバー・ブルーにおいても敵役の「元老ガザ」においては
まんま「プリンス」だったりもしてましたw

4ee6cdfbafdfeac57ca55ddbff38a85d
ボーイ・ジョージ

o0220033211773138853
北斗の拳・ユダ

さて、このカーマ・カメレオンは83年にリリースされ、全米・全英において
ヒットチャートで1位となっております
日本のチャート番組においても非常に人気となり
当時ほぼ毎日のようにPVが流されていたのを覚えています。

マイケル・ジャクソンのスリラーもそうでしたが、当時の洋楽PVは
非常に凝ったものが多く、ちょっとした映画仕立てのようなものもあり
歌詞の意味こそ全然分かりませんでしたが
PVが結構楽しめるものが多かったですね 

個人的にはA-haの「take-on-me」(手書き風のアニメーションが印象的でした) や
デュラン・デュランの「A view to a kill」(美しき獲物たち、007の挿入歌です)
いうに及ばずのマイケル・ジャクソンの「スリラー」や「ビート・イット」
それのパロディ、アル・ヤンコビックの「イート・イット」なんかが好きでしたね~w

最近はとんと聞かなくなってしまいましたが
また久しぶりにPV探してみようかななんて考えた日記でした