2016-09-23 (1)
おこんばんは、しらたまこです。

早いもので本ブログもネタ100個目となってしまいましたw
10%達成!って書いてもうここまで来たかと思いつつも
まだまだ先だなぁという思いもありちょっとフクザツな気分ですw

そんなんで100個目のネタはこれにしてみましたw

ナイトライダー!

アメリカのドラマで主役のマイケル・ナイトと
その相棒となるAI搭載の車両K・I・T・T・(ナイト2000)
犯罪組織に立ち向かうという割とお約束な展開でのドラマですw

本作品においてやはり非常に人気となったのはナイト2000でしょう
ポンティアックのファイヤーバード・トランザムをベースに製作された本車両は
設定上超ハイテク満載で、外装も内装も非常に凝っていたため
大変な人気となり、現在においてもレプリカを作成する人もいるくらいです。

日本でも吹き替え版が放送されるようになるとやはり人気となり
国内でもレプリカを目指す人がそれなりにいらっしゃったようです
勿論相応の資金も必要になるため、レプリカはそうそう真似できません

そこで注目されたのが。ナイト2000のフロント部を演出する「スキャナー」と呼ばれる装置
フロントグリル部付近に装着されたそれは8個のランプが赤く左右に流れるようになっており
これが当時大人気となり、カー用品店などでも
ナイトライダーとかナイトフラッシャーの名で扱われるようになりました

ただ、この当時は日本も粗製乱造の時代、市販されていたそれは本家のスキャナーとは程遠く
本家が上記の通り8個の光源、赤いランプなのに、光源は超間引きした5個で
色も赤もありましたが青だったり緑だったりと
まぁとりあえず光が流れてればいいんだろ?って感じの
テキトーな出来のものが多かったですw

しかし、物はテキトーでもやはりこの辺が刺さる世代は
スーパーカーブームを経験しているような元昭和キッズ
だからってんじゃないんですが、きっと脳内補完
標準スキルとして持ってたのではないかと思います
商品はスゲーテキトーだったんですが結構な人気となり
当時は装着車両を結構な頻度で見ることができましたw
造りはテキトーな商品ばかりでしたが、オーナーの脳内では
本家のスキャナー同様に脳内補完されていたものと思います
いや・・さすがにないかw

最近また似たような商品が出ているようですが、こちらは今度は光源が24個と
大幅にグレードアップしておりましたw本来の8個の商品って出たのかなぁ・・・・?
(のちに出るナイト3000とかがこれに近い感じでしたんで、今のはこっちがモチーフなのかもですね)

最近はテープLEDのように車体に取り付けしやすい光源が比較的安価で発売されていますので
またナイト2000みたいな車が増えてくる・・・のかもしれませんね?